宇治探訪
トップページ 宇治十帖 世界遺産 宇治観光案内 写真ダウンロード
お薦め〜宇治観光スポット
平等院
市営茶屋「対鳳庵」
十三重石塔
宇治川先陣の碑
興聖寺/琴坂
宇治観光案内トップ 現在のページは1ページです。
神社・仏閣 自然 観光施設 モニュメント・石碑 ワンポイントアドバイス
1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目 6ページ目 7ページ目 8ページ目
神社・仏閣 平等院
平等院の写真
住所 宇治市宇治蓮華116
電話番号 0774-21-2861
開館時間 9:00〜17:00(入館は閉館の15分前まで)
休館日 無休
料金 大人600円(500円)、中高生400円(300円)、小人300円(200円)※( )内は25名以上の団体料金 ※鳳凰堂拝観には別途300円
駐車場 南門前民営有料駐車場
URL http://www.byodoin.or.jp
みどころ 世界遺産のページへ このページのトップへ MAPを見る
1994(平成6)年に「世界遺産」に登録された平等院は、10円硬貨のデザインとしても有名です。平安時代後期、藤原頼通(ふじわらのよりみち)が父道長(みちなが)の別荘を寺院に改めたものです。鳳凰堂(ほうおうどう)は、阿弥陀如来像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊で成り立っています。御堂と池が一体化された浄土庭園は史蹟名勝庭園にも指定されているほどの美しさです。その優美な景観は、平安貴族たちがあこがれた西方極楽浄土を具現したものといわれています。
ワンポイントアドバイス ●平等院の出入口は北門と南門の2カ所にあります。
●2001(平成13)年にオープンした「鳳翔館」は見応えがあり、平等院グッズのショップもあります。
●4月下旬から5月初旬には、境内の樹齢200年といわれる藤が見事に花開きます。
自然 市営茶屋「対鳳庵」
市営茶屋「対鳳庵」の写真
住所 宇治市宇治塔川1-5
電話番号 0774-23-3334(宇治市観光センター)
開館時間 10:00〜16:00
休館日 開席期間/1月10日〜12月20日(期間中無休)
料金 一客500円
駐車場 -
URL -
みどころ このページのトップへ MAPを見る
平等院の東、宇治川のほとり、数寄屋造りの本格的な茶室で平等院鳳凰堂に相対していることから「対鳳庵」と名付けられました。日本庭園に囲まれてたたずむ庵にはお点前を楽しめる広間茶席、気軽に利用できる立礼席(椅子席)があり、香り高い本場の宇治茶と季節の和菓子を味わうことができます。
ワンポイントアドバイス ●お茶席券は隣の「宇治市観光センター」で販売しています。
●「抹茶」と「煎茶」のお点前の日があります。
神社・仏閣 十三重石塔
平等院の写真
住所 浮島(塔の島)
電話番号 0774-21-2662(橋寺放生院)
開館時間 -
休館日 -
料金 -
駐車場 -
URL -
みどころ このページのトップへ MAPを見る
塔の島にある高さ約15mのわが国最大の石塔です。十三重の軒をそろえて美しいこの石塔は国の重要文化財に指定されています。1286(弘安9)年、南都(現在の奈良)西大寺の高僧叡尊(えいそん)により造立され、鎌倉時代石造美術品の第一に推されています。叡尊は、殺生禁断の思想のもとに網代や漁具を石塔の下に埋めてこれを建立し、再々流失する宇治橋の安全を祈りました。
ワンポイントアドバイス ●石塔は1756(宝暦6)年の大洪水で倒れ、約150年間埋没していたものを1908(明治41)年に発掘、再建されました。
●塔の島一帯は公園として整備され、憩いの場として親しまれています。
モニュメント・石碑 宇治川先陣の碑
平等院の写真
住所 中の島公園、橘島
電話番号 -
開館時間 -
休館日 -
料金 -
駐車場 -
URL -
みどころ このページのトップへ MAPを見る
碑は、中の島公園・橘島(たちばなじま)にあります。宇治川を舞台とした、源義経(みなもとのよしつね)と木曽義仲(きそよしなか)の合戦で、義経軍の梶原源太景季(かじわらげんたかげすえ)と佐々木四郎高綱(たかつな)が「先陣争い」をしたという故事にちなんで、1931(昭和6)年に建立されたものです。
ワンポイントアドバイス
●塔の島一帯は公園として整備され、憩いの場として親しまれています。
神社・仏閣 興聖寺/琴坂
平等院の写真
住所 宇治市宇治山田27-1
電話番号 0774-21-2040
開館時間 9:00〜17:00
休館日 -
料金 建物内部は志納金(300円以上)が必要
駐車場 有り
URL -
みどころ このページのトップへ MAPを見る
宇治橋東詰を川沿いに上流へ約800m、総門(石門)から琴坂(参道)を約200m登れば、禅院、中国風竜宮造りの山門が現れます。寺は曹洞宗の宗祖道元(どうげん)禅師開創による初開の道場です。道元は鎌倉時代に京都・深草に開創しましたが、応仁の乱の兵火に遭い廃絶、その後1648(慶安元)年に淀城主永井尚政(なおまさ)によって宇治の地に再興されました。琴坂と呼ばれる参道は、春は新緑、夏は緑陰、秋は紅葉の美しい名所として、多くの人々に親しまれています。
ワンポイントアドバイス ●法堂(本堂)には血の手形、足跡が残る縁板が天井に使われています。
●宇治十帖の「手習観音」で親しまれる聖観音像が天竺殿に安置されています。
●秋の琴坂(参道)の紅葉はひときわ美しく、景勝地になっています。

トップページ宇治十帖世界遺産宇治観光案内写真ダウンロード
※InternetExplorer5.0以上、NetscapeCommunicator4.7以上推奨